オルニチンは肝臓の強い味方

オルニチンはアミノ酸の種類の中の「遊離アミノ酸」といって、たんぱく質を構成しないアミノ酸で必要なときだけ働きあとは体内に遊離している状態のものです。このオルニチンは摂取されると遊離しながら、肝臓や腎臓、筋肉などに移行します。

さてその肝臓ですが、肝臓は生体の化学工場と言われ、血液で運ばれてきた栄養素の分解と合成、貯蔵、そして解毒作用などを行っています。

例えばグリコーゲンの合成・貯蔵・分解、アンモニアの解毒作用などです。アンモニアは体内に蓄積すると脳障害を引き起こす危険な物質です。

しかし現代人は疲労やアルコールなので肝臓の機能が低下したりしやすいのです。

オルニチンはそんな弱った肝臓を保護したり、肝臓でのタンパク質合成を高めるはたらきがあるのです。、またアンモニアを解毒する代謝経路、オルニチン回路の一部を構成し、有害なアンモニアを無毒な尿素に変換します。

このように肝臓の働き全体を保護し本来の機能を保つ働きをしているのですね。肝臓は沈黙の臓器を言われていて、気が付いた時にはかなりダメージを受けているという話しをよく聞きます。

オルニチンを摂取して大切な肝臓をしっかりと守りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加