オルニチン回路とは?

オルニチン回路は、尿素回路のことです。ではその尿素回路とは何でしょう?というところを説明しますね。

アミノ酸が成長ホルモンを促して筋肉や骨形成や脂肪分解をしたりして、身体の中でエネルギーとして使われると、体内で二酸化炭素とアンモニアができます。

このアンモニアは人体にとっては有害で、脳に入ると脳障害を引き起こすという大変恐ろしい毒素なんですね。肝臓は体内に入った有害物質を解毒する臓器ですが、このように体内で出来たアンモニアも解毒してくれます。

この働きを「オルニチン回路(尿素回路)」と呼ぶのです。回路という表現を使うのはそのアンモニアが尿素となって腎臓に送られるまでに、色々な行程を経ていくからですね。

わかりにくいのですが、アンモニア⇒カルバモバイルリン酸⇒シトルリン⇒アルギノコハク酸⇒アルギニンというような感じです。

とにかくこのような回路を通って最終的に尿素だけが残り腎臓におくられて、要するに「おしっこ」となって体外に排出されるということです。
オルニチン回路は人間が健康に生きていくために欠かせない役目を果たしているのですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加