アルギニンがオルニチンの親分

アルギニンとオルニチンの力関係とでもいいましょうか? 実はアルギニンはオルニチンよりはるかにすごい働きをするんです。
さしずめアルギニンはオルニチンの親分という感じですね。このアルギニンは大人の場合は非必須アミノ酸ですが、成長期の幼児には必須アミノ酸とされます。成長に欠かせないタンパク質を形成するアミノ酸である事がわかりますよね。
一方オルニチンは遊離アミノ酸として体内の必要な場所で働きます。ちょっとややこしいのですが、アルギニンは体の中でアルギナーゼという酵素の働きでその一部がオルニチンに変化します。そしてオルニチンは尿素回路というところでまたその一部がアルギニンに変化します。つまりアルギニンは肝臓の尿素回路でオルニチンに変化して肝臓を保護するというアルギニンの働きをするのです。
オルニチンの働きのほとんどはアルギニンの働きの一部であるという事なのですね。
ですからオルニチン働きの強さはアルギニンより弱いか、アルギニンを上回ることは無いという考えになり、アルギニンがオルニチンの親分になると言えるのですね。—–

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加