オルニチン研究会で最新情報をゲット!

オルニチン研究会とは、肝臓の機能を高め疲労回復に効果があるアミノ酸の一種「オルニチン」の正しい情報提供や発信、意見交換の場として、日本肝臓学会専門医の須田都三男氏、早瀬和利・愛知教育大教育学部教授らがメンバーになり発足したものです。
オルニチン研究会は広報事務局を東京都渋谷区におき、最新知見の収集や提供、また各種セミナーの実施を計画したりしています。
記念すべき第一回目となるマスコミセミナーを2009年10月28日「現代人の疲労と肝臓~肝臓ケアの重要性とオルニチンの可能性~」のテーマで開催しました。セミナーでは研究会のメンバーがオルニチンをテーマに最新情報などを交え講演し、肝臓は体の毒素解毒する非常に重要な臓器であり、オルニチンはその肝臓の機能を向上させる重要な成分であるという事をしっかりと解説したということです。
さらになんと!セミナー終了後には肝臓ケアメニューの試食会が行われて、「きはだまぐろのレアカツ」「しじみとほうれんそうの玄米チャ―ハン」などが振舞われたそうです。こんな美味しくてためになるセミナーなら是非参加したいですよね!
オルニチン研究会のセミナーの普及が、健康管理意識のよいきっかけづくりになっていくと思います。—–

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加